詰め物・被せ物治療

このような時はお早めにご相談ください!

歯がぐらぐら
  • ☑ 詰め物が外れてしまった
  • ☑  白くて歯が欠けている
  • ☑  詰め物・被せ物のところが虫歯になっている
  • ☑  できるだけ詰め物がグラグラする

歯と詰め物の間に虫歯ができたり、詰め物の長い年月の劣化で取れてしまうことがあります。放置すると、嚙み合わせ、歯質の劣化、虫歯の進行、歯垢がたまっていくなど、様々な悪影響を及ぼすので、早めに治療をされることをお勧めします。

ご要望に合わせた最適な詰め物・被せ物をご提案

口を開けている女性

一般的に、虫歯が進行してしまうと、歯を削る治療が必要になります。そして、歯を削った部分を補うために詰め物・被せ物を行います。詰め物・被せ物で使用する材質には大きく保険と自費に別れ、また、自費で扱える素材の中には美しさ、耐久性、機能面などに材質の差があります。

保険と自費治療の違いは?

保険自費
メリット自費より費用を安く抑えれる患者様一人一人に合った最適な治療が可能
デメリット使用できる材質、治療法に制限あり費用がかかる

「できるだけ費用を抑えたい」「芸能人みたいに歯をキレイにしたい」「できるだけ長く丈夫で使えるものがいい」 

など、患者様にとって重視するポイントは異なります。当院では症状を診断の上、ご要望をお伺いさせて頂き、最適な治療のご選択をご提案させていただきます。

お勧めの主な材質の種類

詰め物・被せ物の比較表

お問い合わせ

CONTACT

診療は予約制となっておりますが、
痛み、 腫れ、出血などの症状の方は随時、
急患も受付中です。