「ピューン、ガリガリ、あの音キライ」
歯医者嫌いな方がよくおっしゃる「あの削る音」。

嫌な音ですよね。

あれはエアータービンという切削器具なんですが、空気の圧力で1分間に40万回転もするのです。

車のエンジンが8千回転、ジェット機ですら1万5千回転程ですから、凄まじい回転数です。

当然摩擦熱も凄く、火花が飛び散ることもあるので、注水冷却は必須です。

ただそのお陰で、スムーズに正確に削れて時間短縮にもなります。

当然術後の結果も良好です。

大昔、歯科の切削器具の回転数はベルトで回していたので、自動車並みにしかなかったそうです。

それはもう拷問に近かったのではないでしょうか。

「ピューン、ガリガリ」嫌な音ですが、患者様の為になっているのですがねぇ…やっぱりキライですか?

K&A Dental Clinic 神戸