屈強な男性患者さんでも、

たまに尋ねられる麻酔注射ですが、

打ち方や打つ場所を一寸工夫するだけで

そんなに痛くなく出来ます。

歯茎の下には粘膜層、骨膜、骨が有ります。

この骨膜の下に麻酔薬を注入すると

良く効くのですが、いきなりここに打つと結構痛いです。

ではどうするか?

先ず塗るタイプの表面麻酔をして、

暫く経って、その近くの軟らかい粘膜層に

ゆっくり少しだけ、ほんの一滴入れるイメージで

打ち、少し待って骨膜の上にゆっくり注入し、

そのあとゆっくり骨膜下に打つと案外痛くないものです。

急がず、優しく、ゆっくり時間をかければ

麻酔注射は痛くないもので、

麻酔でしっかり痛みのコントロールをすれば

歯科治療も楽に受けて頂けます。

K&A Dental Clinic 神戸